総務委員長

鈴木 翔大

 当委員会は、役員会での各委員長の熱い思いを豊田YEGメンバーに伝え、気持ちを一つに「繋ぐ」役割を果たします。昨年度、多くの新入会員を迎え大きな力を得ました。その力をより活発な活動に導くためには、各委員長が各事業に至るまでの思いを乗せた情報を共有することが必要です。そのために当委員会内において、入念な事前準備を行い一人ひとりの理解度を高め役員会に臨みます。そして委員会メンバー全員が情報発信の核となるように努めます。

 家族交流会では、いつも私達の活動を支えてくれている家族同士が協力し楽しみながら繋がる事業にします。家族に事業を通して仲間作りの楽しさや大切さを知ってもらい、更に魅力的なYEG活動に繋がることを目指します。そして今まで以上に家族からYEG活動を応援してもらうことを目指します。

 豊田YEG全員の気持ちを一つに繋げるためには、委員会メンバー一人ひとりがそれぞれの活動の目的を明確にし、お互いを知り協力し合うことが必要です。そのために委員会メンバー全員で、豊田YEGの思いを伝え続けます。

会員認知度向上委員長

吉田 英樹

 当委員会は豊田YEGメンバー間の団結力をさらに強くするために個々の認知度をより向上させ、ビジネスなどの強い繋がりを太く結び付けることを目的として活動します。

 会員拡大の成果によって新入会員は増加傾向にあります。彼らを豊田YEGの組織力の成長に繋げるためには、メンバー同士がお互いをより身近に感じ合う機会や時間が必要です。そして在籍年数に関わらず真の繋がりを求めて自ら積極的にアクションしていかなければなりません。自らのアクションは委員会や事業等でより深い友情や信頼を築き上げ、ビジネスの関係にも発展させる事ができます。そのためには各自が力強いプレゼンテーションを行う事で、自社のPR や人柄が伝わり委員会や豊田YEG内の会員相互の認知度とコミュニケーションを高めていきます。自発的活動をきっかけとして豊田YEG外にもビジネス等を発展させ、より魅力的な会への一助となります。

私は自発的な気持ちは必ず自らや自企業のプラスになると信じております。当委員会メンバーは、豊田YEGを繋いでいく活動を意識し一層志の高い委員会活動を行います。そして最後に人の繋がりの可能性を探求し、新たな挑戦と各自が輝く個性を真の団結力へと集結できる委員会活動を行って参ります。

広報委員長

長谷川 達也

 昨年度の大幅な会員増強にて一大組織へと成長した豊田YEG。

 一人ひとりがフロンティアスピリッツを忘れず、ゆるぎない信念を内に秘め、理想の自分に近づきたいという気概を胸に、悩み、もがき、走り続け、闘い続けています。

 そんな仲間がより互いを知り合い「繋がりあえる」、そして同じ志の青年が一人でも仲間となり「繋がりあえる」、一般の方に我々の活動を正確に理解して頂き「繋がりあえる」、ツールとして魅力ある広報誌「群青」・WEB 群青・SNS を制作して参ります。

 委員会においては、広報活動を通じ、親睦を深め、楽しみながら、情報の発信を迅速に行います。そして初めは砂粒の集まりだったものが、捏ねられ泥となり、やがて岩「ROCK」となるよう広報活動を実践して参ります。

 この春、広報誌「群青」は、記念すべき100 号を迎えます。30 年以上続く歴史と伝統に裏打ちされたものに、我々の「概念にとらわれない自由な発想」を加え、豊田YEGを「ROCK」な組織へと成長させます。

交流委員長

小野田 真代

 私たち豊田YEGが、さまざまな事業を行うにあたり一つひとつの事業を成功に導くた めには、メンバー同士が切磋琢磨しながら支え合える仲間でなければなりません。団体の 強さは目的を認識し、志を同じくする仲間の割合の大きさで決まります。

 各委員会メンバーの結束力を高め深いつながりを築くことにより、人と人との繋がりの 大切さを認識することができ、出席率が向上します。そして、事業への意識が高まりより 前向きに参画できると考えます。

 そのためには豊田YEGメンバーであることに喜びを感じるとともに強い信頼関係が築 ける楽しい会員交流会ができるよう努めます。また他団体の皆様との交流を図ることは豊 田YEGメンバーにとって大きな学びになると思います。楽しい交流により、互いの将来 に繋げるよう他団体の皆様との交流のきっかけが作れるような新年会を企画します。

 「ENJOINT」を合言葉に私たち委員会が各委員会のお手本となれるようメンバー同士が信 頼を深められる委員会運営に努めます。

渉外委員長

浜島 崇

 当委員会が、一丸となって同じ方向に向かっていくために「繋がる楽しさYEG・共に輝 く未来のために」を掲げ一年邁進していきます。昨年度豊田YEGは、新入会員が創立以来 最も増えた年でありました。当委員会では、諸先輩方が創り上げてきた歴史と精神をどう次 代へ繋いでいくか考え行動します。

 繋がる楽しさとは、渉外活動を通じYEGでしか経験できない各種大会、諸会議に参加す ることによって全国のYEGメンバーと豊田YEGメンバーを繋げます。その為当委員会 メンバーにて参加率が上がるよう一人ひとりに呼びかけして参ります。新しい出会いや人 脈が広がることによりYEG活動の楽しさを分かち合い各種事業の出席率向上に繋げます。 また全国大会では、開催地である宮崎県で視察研修事業を行いメンバー同士が自己研鑽の 気持ちを持ち同じ時間を共有することによって、絆が深まり仲間の力が己の力になる事業 を行います。

 共に輝く未来のために、新しい試みとして当委員会にて地域の清掃活動に取り組みます。 自らが自発的に行動を起こす事によって委員会メンバーのスキルを上げ今まで以上に豊田 YEGが盛り上がる委員会運営に努めます。活動を通し委員会メンバーが同じ時間を共に する事によって強大なパワーとなり豊田YEGの輝く未来に繋げます。

卒業式委員長

和田 力

 当委員会の役目は、創立以来受け継がれてきた豊田YEGの歴史と精神を次代へ継承・発展する事、そしてそれらを長年に渡り現在まで繋いでくださった諸先輩方への感謝の気持ちを形にする事です。

 豊田YEGの創立記念をお祝いするさんまの会では、諸先輩方との親睦を深め、幅広い知識や経験、様々な想いに耳を傾けることで理解と絆を深めます。

 また卒業式では、これまで豊田YEGに情熱を傾けられた卒業生の想いと現役メンバーの想いを繋ぐため、卒業生とのコミュニケーションを密に取り、卒業生の想いに全力で寄り添い、笑顔と感謝の気持ちで卒業生の新たな門出をお祝いします。

 事業を成功させるためにはまず委員会メンバーが一致団結し、意思の疎通を十分に図ることが重要です。温故知新の精神で、豊田YEGの継承・発展に繋げるべく委員会メンバー全員で楽しく熱心に取り組みます。

絆力向上委員長

加藤 元康

 当委員会は「絆」をテーマに力強く活動していきます。

 私たちが成長していくためには、人と人との出会いや、仲間との信頼、家族の愛が必要だと考えます。その全ての繋がりが絆として強くなる事により、生きていく力の糧となります。研修事業では、地域との絆、仲間との絆、家族との絆を向上させる事業を企画します。

 Do!クラブでは豊田YEGメンバーが交流を通し「ENJOINT」できる活動を企画します。それによって絆を深める事ができ、さらに青年経済人としてのスキルアップに繋がり、多くのメンバーが参加したくなるDo!クラブを実施します。

 研修事業とDo!クラブを成功させるには、委員会メンバーが一丸とならなければ達成できません。一人ひとりが持っている熱い情熱を受け止め、委員会の目指す方向を示す事により、意欲的に参加できる委員会運営に努めます。

一年を通して「絆」を深める事により、一生の宝になる委員会にします。

報告会委員長

那須 健太郎

 平成30 年度を迎え、豊田YEGは会員の増加を背景に、組織の裾野も大きく広がりました。この大きな力をより力強い活動へ展開し、さらに豊田YEGの精神を受け継いでゆくには、様々な価値観を持ったメンバーが繋がり、活動の魅力を共有することが重要であると考えます。

 当委員会では報告会として、YEG活動の魅力や活動への想いを伝える機会を設けることにより、今後のメンバーの活動意欲の高揚を目指します。また会員拡大においては、単に組織の存続のためだけではなく、メンバーが主体的に会員拡大に取り組むことができるよう、豊田YEGの未来を見据えた組織全体による拡大の重要性の理解を促します。

 委員会の運営では、活動を楽しむことやメンバー同士の絆を大切にすることで、組織力の向上に繋げます。事業の構築にあたっては、YEG活動の意義について深く考えながら実践することを第一とします。メンバーの一人ひとりが活動を通じて青年経済人としての知見を広め、共に成長する機会となるために、情熱を持って委員会活動に取り組みます。

研修委員長

横山 要範

 豊田YEGの強みは、明るさ、前向きさ、絆の強さだと考えます。それらを支えているものは心身ともに「健康」であることです。そこで、私たち研修委員会は「健康」をテーマに研修事業を行います。「健康」に関する豊田市のプロフェッショナルな人たちとjointし、メンバーには自分自身の「健康」に正面から向き合う機会を提供します。また次のステージとして、メンバーそれぞれが会社のリーダーということから、自社の「健康」について考える必要があります。そこで「健康で働きやすい職場環境の整備」を柱とする働き方改革について学び、考える機会を提供します。

 委員会活動では、規律が重要だと考えます。他のメンバーの時間を共有しているということを再認識するため、規律の基本となる「時間を守る」という時間規律を意識し、委員会メンバー全員がやりがいを持ち、心から楽しめる委員会とします。

 人生(家庭、仕事、YEG)をenjoy するため、私たちは「健康」というテーマと向き合います。そして、今よりも更にメンバーが彩り豊かな人生を過ごすための契機となる一年とします。

地域活性化委員会

阪本 浩二

 当委員会では、あらゆるYEG活動において全力で取り組む気概を持ち 「100%委員 会」を目指します。その為に一人ひとりが意識を高め、YEG活動に必要な事を再確認し 理解し行動します。

 新入会員オリエンテーションでは、志を持って入会した会員に豊田YEGの精神と受け 継がれてきた伝統を伝えます。さらに青年経済人としてのマナーを学び、豊田YEGの即 戦力になれる人材育成の一助とします。

 とよた産業フェスタでは、2019 年ラグビーワールドカップの開催都市であるこの豊田 市を盛り上げる為の企画・運営に情熱を持って取り組みます。また関係諸団体と結束し、 ボランティアの方々の協力を得て地域に資する活動をします。そして豊田YEGの全ての 仲間と切磋琢磨し、成功を遂げた時に共に喜びを分かち合えるようにします。

豊田商工会議所青年部

〒471-8506豊田市小坂本町1-25

TEL : 0565-32-4567

FAX : 0565-32-1000

E-mail : yeg@toyota.or.jp